スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

精神科ソーシャルワーカー

福祉の仕事は高齢者や障害者に関わる内容のものが多いのですが、その障害者の中でも最近増加傾向にある精神障害児者と関わる仕事に精神科ソーシャルワーカー(PSW)があります。
精神科ソーシャルワーカーは、精神障害児者やその家族が社会生活を送るうえで抱えている問題に対し、相談や援助を行う仕事です
精神障害児者の社会復帰を支援するための専門家の養成や確保することが目的で、1998年に国家資格として「精神保健福祉士」という資格が誕生しました。
この「精神保健福祉士」という資格の誕生により、従来から精神科ソーシャルワーカーとしてあった職域が国家資格化されたのです。

more...

theme : 就職・転職・仕事・求職・アルバイト・パートのNo1最新情報
genre : 就職・お仕事

tag : 福祉 仕事 精神科ソーシャルワーカー 精神障害児者 精神保健福祉士

保育士

保育士は、以前は保母さんとも呼ばれていて親しまれていました。 もちろん今でも子供たちの第2の母であり姉、兄である存在です。 保育所などで就学前の子どもたちのお世話をする福祉の従事者になります。
保育所や乳児院、その他の児童福祉に勤務して、そこに通う(あるいは入所している)子どもたちに食べるたり眠たり排泄したりといった基本的な生活習慣を習得さしつけを覚えさせてくれる仕事をしています。また、場合によっては親よりも長い時間子供と接してくださっているので健康管理にも気を配っています。

障害を持つ子どもたちを預かる福祉施設では、子どもたちの日常のお世話もします
子どもたちと直接関わることのある福祉の仕事にはいろいろありますが、それらの仕事に従事したいと思うのならば、まずは保育士の資格を取得するのが就職への第一歩といえます

近年では、出産後も働く女性が増えていますので、それに伴って両親共働きというケースも増えてきました。
更には、勤務体系の多様化に伴い、夜型延長保育夜間保育といった需要も多くなり、子どもの生活を多様化した勤務体系を通し1日24時間の中で見通した対応が求められるなど、以前までとは違った課題を抱えるようになっています。
それだけではなく、0歳児保育、障害児保育、アレルギー児への対応などの個別の配慮も欠かせなくなっています

more...

theme : 就職・転職・仕事・求職・アルバイト・パートのNo1最新情報
genre : 就職・お仕事

tag : 福祉 仕事 保育士 国家試験 登録

児童指導員

高齢者や障害者に関わる仕事ばかりが福祉の仕事ではありません。子どもや母子と接する仕事も福祉の仕事に含まれます。
そんな子どもや母子と接する仕事の中に児童指導員という職種があります。
これは児童福祉施設へ入所してくる子どもたちが健やかに成長するために、あらゆるケアをすることが児童指導員の仕事になります。

家庭になんらかの問題がある、心身的に障害があるなどの理由を持った子どもたちが児童福祉施設へ入所してきます。
児童福祉施設といっても大きく2つの種類に分かれます。 家庭の事情で子どもを預かる児童養護施設と障害のある子どもが通う(または暮らす)施設があります。ともに原則として0~18歳までの子どもたちを預かります。

more...

theme : 就職・転職・仕事・求職・アルバイト・パートのNo1最新情報
genre : 就職・お仕事

tag : 福祉 仕事 児童指導員 児童福祉施設 児童養護施設

児童自立支援専門員・児童生活支援員

高齢者や障害者に関わる仕事ばかりが、福祉に関連する仕事ではありません。
非行少年の社会的自立を支援する仕事も福祉の仕事といえます。
その非行少年の社会的自立を支援する仕事に携わっている職種の中に児童自立支援専門員・児童生活支援員があります。

飲酒や喫煙、窃盗などの非行に走ったり、その予備軍的存在で非行に走るおそれのある児童や、保護者の監護が適切でない家庭環境にある児童が入所するのが児童自立支援施設で、児童の生活や学習指導、職業指導を行ない、社会的な自立を支援するのが児童自立支援専門員です。そしてその児童たちに生活支援を行なうのが児童生活支援員の仕事です。
これらの仕事に従事する人は、以前には「教母」「教護」と呼ばれていましたが、1998年に児童自立支援専門員、児童生活支援員と改められました。

more...

theme : 就職・転職・仕事・求職・アルバイト・パートのNo1最新情報
genre : 就職・お仕事

tag : 福祉 仕事 児童自立支援専門員 児童生活支援員 非行少年

児童福祉司・相談員

児童福祉司・相談員とは、児童相談所に勤務している職員のことです。
子共たちの保護や福祉に関するいろいろなことについて、相談に訪れる保護者や親、または子ども本人に対して、必要な調査を実施し社会的診断を行なった上で、問題解決のための援助や指導を行うのが児童福祉司・相談員の主な仕事です

時には同じ児童相談所で相談業務を行なっている心理判定員や精神科医、小児科医などと一緒に相談者へのカウンセリングや指導を行って、その問題解決にあたることもあります。
このように専門職スタッフと協力して、問題解決の最善の方法を見つけ出す仕事も児童福祉司・相談員の仕事です。
児童福祉司相談員はどちらも仕事の内容はほぼ同じで、ときにはどちらの職種も括って「ケースワーカー」と呼ばれることがあります

more...

theme : 就職・転職・仕事・求職・アルバイト・パートのNo1最新情報
genre : 就職・お仕事

tag : 福祉 仕事 児童福祉司 相談員 児童相談所

理学療法士(PT)

福祉の分野の中でも、特にリハビリに関わる専門職の仕事として「理学療法士(PT)」があります。
理学療法士は、医療や福祉、スポーツの分野と活躍領域の広い仕事です。

最近の医療では、リハビリテーションの重要性が認識されてきていますので、リハビリテーションの実践や援助などの主な部分を担当するのが理学療法士になります。
病気や怪我、老化や過度の運動などの原因による、身体機能に障害を持った人に対する、最新の技術と理論をもとにした指導を行なって障害の回復や身体機能低下の予防を図ります。 日常生活において自立できるように支援をするのが理学療法士の主な役割です。

理学療法士似た仕事と捉えられがちなのが、作業療法士の仕事です。
理学療法士身体に障害を持つ人の機能回復を手助けするものであるのに対し作業療法士は日常生活に生かせる作業療法を提供し、社会復帰の手伝いをするものです。

機能回復とはつまり、立つ、歩く、伸ばす、曲げるなどの人が行う基本的な動作の回復は理学療法士の仕事となり、その回復した機能を個人の状態を見極め手芸や工作などの作業を通して実践的に訓練を行うのが作業療法士の仕事なのです。

more...

theme : 就職・転職・仕事・求職・アルバイト・パートのNo1最新情報
genre : 就職・お仕事

tag : 福祉 仕事 理学療法士 PT リハビリテーション

作業療法士(OT)

医療と福祉という切り離せない二つの分野の中で、おもにリハビリにかかわる仕事をする専門職として作業療法士(OT)があります。
作業療法士は、理学療法士と並んで医師の指示を受け、多くの専門職のスタッフとリハビリテーションチームを組んで治療を実践していくリハビリのスペシャリストです

作業療法士が行なう作業療法には、日常生活に必要不可欠な動作の訓練や本来の機能を回復させるための訓練などがあります。
まずは極めて日常的な「歯を磨く」「顔を洗う」「靴を履く」などといった生活する上で切り離せない必要な動作の訓練や改善が行なわれます。 引き続いて粘土細工や手芸、楽器演奏などの作業による機能回復のための援助に移っていくのが一般的なリハビリプログラムです。
また患者が知的障害者の場合には、レクリエーションなどを通じて情緒面に働きかけ、感情表現の発達を促すことも仕事の一つです。

more...

theme : 就職・転職・仕事・求職・アルバイト・パートのNo1最新情報
genre : 就職・お仕事

tag : 福祉 仕事 作業療法士 OT リハビリ

言語聴覚士(ST)

医療や福祉の分野においてリハビリの専門家というと、作業療法士や理学療法士を思い浮かべる人も多いことでしょう。
リハビリテーション医療では、作業療法士や理学療法士と同様に重要視されている職種として「言語聴覚士(ST)」があります。

言語聴覚士は、まだできて10年足らずの新しい国家資格です。簡略的に、ST(スピーチセラピスト)とも呼ばれます。
言語聴覚士資格を取得するには、養成学校で3年以上学ぶか、大学などで2年以上修業して指定科目を履修した後、指定養成施設で2年以上専門知識を学ぶなどして受験資格を得たうえで、国家試験を受験し合格しなければなりません
言語聴覚士国家試験の試験事務等は(財)医療研修推進財団が行なっているので、受験資格等の細かい詳細が知りたい方はそちらに問い合わせるとよいかと思います。

more...

theme : 就職・転職・仕事・求職・アルバイト・パートのNo1最新情報
genre : 就職・お仕事

tag : 福祉,仕事 言語聴覚士 ST 言語障害

視能訓練士

医療分野のリハビリに関する専門職としては知られていても、福祉の分野では今のところあまり知られていない職種に「視能訓練士」という仕事があります。

視能訓練士の仕事は、目で「見る」という人間の五感で基本的な機能に障害を持った人に対し、眼科医の指示のもとでその度合いを検査したり、見るための機能回復のための訓練にあたることです
1993年の法改正以前までは、視能訓練士は弱視や斜視などの障害を持つ人の機能回復のための訓練を行なうときに必要な国家資格でしたが、1993年の法改正によって、眼科一般分野で検査などもできるようになりました。
まだ視能訓練士の資格を保有している人は少なく、特に男性の視能訓練士の割合は10%以下となっており、今のところ女性の多い分野になっています。

more...

theme : 就職・転職・仕事・求職・アルバイト・パートのNo1最新情報
genre : 就職・お仕事

tag : 福祉 仕事 視能訓練士 眼科 検査業務

心理判定員

心理判定員とは、児童や障害者の自立を支援するために、その心理状態を調べて判定を行い、児童や障害者の状態にあった援助計画を立案することを仕事とする専門職です
心理判定員のおもな職場は児童相談所となっています。

相談所内の措置・相談・判定部門に心理判定員が配置されています。
児童相談所の次に心理判定員の多い職場は、知的障害者更生相談所、身体障害者更生相談所になります。
訪れる知的障害者、身体障害者の本人や家族と面談し、本人の心理判定を行なっています。
また、少数ではありますが、精神障害者社会復帰施設、身体障害者更生施設などの福祉の分野でも、心理判定員の専門知識が必要とされています。
今後は、高齢化社会ということもあり高齢者のいる福祉の分野でも活躍の場が広がって行きそうです。

more...

theme : 就職・転職・仕事・求職・アルバイト・パートのNo1最新情報
genre : 就職・お仕事

tag : 福祉 仕事 心理判定員 児童相談所 臨床心理士

福祉に関する職種
カテゴリー
スポンサードリンク
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。